ニュース

ITmediaさんでの記事掲載

Published by:

スクリーンショット 2014-06-26 9.29.52

ITmediaさんでMISOCAに関するインタビュー記事を掲載していただきました。
印刷せず、ポストに行かずに請求書発送――名古屋発・クラウド請求書

創業に至る経緯や、サービスの紹介など、愛情溢れる素晴らしい記事になっています。
本当に使いやすいサービスなので自分で請求書を発行されている方は是非ごらんください。
請求書作成にかかる労力が激減します。


ニュース

独立するにあたり考えたこと

Published by:

写真3

独立するにあたり考えたこと、Facebookに投稿した内容をこちらにも転載します。

1月末で今までお世話になったイータレントバンクを退社して、
2月の半ばにフリーランスのマーケティングプランナーとして
活動をスタートしました。
新年度になりましたので、あらためてご報告させていただきます。

社会人になり約10年間、デジタルの領域を中心に、
WEBメディアの企画 /販売、デジタルコンテンツの企画、
コマースサービスの立ちあげ、
プロモーションのプランニングなどの経験を積み、
近年はWEBのマーケティングに携わってきました。

今回独立するにあたり、仕事を通じて、
どんなことをやっていきたいのか、
あらためて考えました。けっこう考えました。

そして、自分の中で出た答えは、
「良い情報やアイデアを世の中に広めたい、
その結果、人の幸せに貢献したい」ということです。

単純に、とにかく面白い人や、モノ、ヤバいサービス、商品など、
面白いもの、素晴らしいものを、世の中の人にも教えたい!!という
おせっかい精神が強いみたいです。伝えたがりです。

なので、この自分の性質を活かして、
企業とお客さんのコミュニケーションをサポートするような
活動をしていきたいと思います。

具体的にいうと現在は、夏公開予定の映画の宣伝ディレクターや、
IT系サービスを提供する企業の外部マーケティング担当などを
しています。最近はソーシャルデザインと言われる活動にも
興味が出てきているので、これからそういったことにも
携わっていきたいと考えています。

辞める決断をしてから気づいたのですが、
独身時代、神泉の狭い狭いワンルームマンションに住んでいた時の私は、
目標をたくさん書いた紙を壁に貼りつけていました。

なんと、その時の目標の一つに
「32歳で独立する」と書いていたのです。
すっかり忘れていましたが、どこかで意識していたのかもしれません。
図らずも32歳の終わりで目標をひとつクリアできました。
ギリギリセーフ!!

ちなみにその下に書いてあった目標が、「1億円嫁ぐ!」です。
意気込みはスゴイのですが、おもいっきり字を間違えて、
“稼ぐ” が、“嫁ぐ”になっていました。

友達に指摘されて、死ぬほど恥ずかったです。
もちろん、よめいでしまったばっかりに、
全くその目標は達成できておりません。。。
でも結婚して、嫁は来ました・・・うん、これが人生。

こうしてなんとか、
スタートラインに立つことはできました。

まずは目の前の仕事に全力で取り組みながら、
より専門性を高めていきたいと思います。

屋号は「MONODA TOKYO」という名前にしました。
Facebookページをつくりましたので、
是非イイねボタンを押してください。よろしくお願いします!!

https://www.facebook.com/monodatokyo

今、私が興味のあるヤバい本、音楽、アート、
日本文化、IT、面白い人、レシピ等、
出し惜しみせずガンガン紹介していく予定です。

当然、迷いや不安もありますが、
どこまでいっても、これ以上でも、これ以下でもない、
等身大の自分で勝負するしかありませんので、
壁に、新たな目標を貼って(笑)チャレンジしていきます!

何卒これからも、
暖かい目で見守っていただけますと幸いです。
よろしくお願い致します!!!

MONODA TOKYO
頼母木 俊輔 (たのもき しゅんすけ)


お薦めの本

お薦めの本『家めしこそ、最高のごちそうである。』

Published by:

「キューレーションの時代」、『レイヤー化する世界』などでお馴染みのジャーナリスト佐々木俊尚さんの最新刊。常に時代の流れをいち早くつかみ、新しい未来の形を提言してきた佐々木さんの最新刊です。はじめ佐々木さんが料理の本を出すと聞いたときは、趣味の延長線上で、軽いノリのエッセイ本かなと思いました。しかし、実際読んでみて、これは違うなと思いました。今まで出した本と切り口は違えど、『レイヤー化する世界』などと同様、明らかに今の時代感を先取りした、佐々木さんからの新たな提言だと感じました。

不安定で先の見えない時代のサバイバル術として、いかに幸福度を高めるかという考え方はこれから非常に重要になっていきますが、その回答の1つが、家めしのクオリティをあげる!ということなのだと思います。オーガニックでも、ファストフードでもない、シンプルで健康的な普通の家めしの質を高めるという発想と、その方法論がセットで提示されていて、なおかつその方法論が、とても斬新です。僕はけっこう料理本が好きでいろいろな人の本を読んでいますが、この本で紹介されている考え方ははじめてで、さっそく実践しようと思いました。興味のある方は書評サイトHONZで内容を確認できます。http://honz.jp/articles/-/40156 レシピもたくさん掲載されておりとても実用的な本です。