今日のワンテーマ

ほんとうの超一流の人はオーラが“無い”!?

スクリーンショット 2014-03-09 11.49.12

街中でスポーツ選手や芸能人にあった人は大抵オーラがすごかったとか、オーラを感じなかったという話をする。僕はオーラというモノ自体存在するのかよくわからない。

だけどなんとなくこの人やりそうな空気感というか、この人タダモノではないなという空気感は感じたことがある。スポーツ選手や芸能人は常に人に見られることが仕事なので、一般人とは違う、存在感や華を持っているのは理解できる。

じゃあ多くの人の上に立つ組織の長はどうだろうか。あるネットの記事にこんなことが書いてあった。数千人の経営者と会ったことがあるコンサルタントによれば、

「ほんとうの超一流の人って、オーラが無く、ポヤンとどこかヌケていて、大丈夫かな?って思われる。そうして周りを張りきらせるので大勢に助けられて、ますますVIPになっていく逆に仕事できますって顔しているヤツは精々1~2千万レベルのプレーヤー」。

どう思う?超一流は本当にオーラがないのかな?ソフトバンクの孫さんや、ユニクロの柳井さん、よくメディアに出演する両者のイメージは強烈で、
オーラ全開の感じがするんだけど、これはレアケースなのかな?

でも、もし本当に超一流の人がオーラを感じさせないとしたらその理由はどこにあるのだろうか?

ひとつだけ言えるのは、おそらく僕たちは自分よりも優秀な人を見極めれるスカウターはもっていない。だから自分の人を見る目は大したことないという前提で、誰と接するときでも後悔しないように心掛けたほうがいいよね。BMWを1年で1000台ぐらい販売するベテラン営業マンでさえ、店頭に来た人が買うか買わないか、見た目や雰囲気で全くわからないらしい。

「チャンスは、いつもとぼけたツラやピンチのふりしてやってくる」。たぶん