今日のワンテーマ

「救世主」はどこにもいない

救世主

「救世主」はどこにもいない。ひとを、誰かを救えるひとなど、存在しない。わたしを助けられるのは、わたししかいない。

どん詰まりのどうしようもない状況でも、人生の手綱は決して話してはいけない。考えろ、考えろ、考えろ、もがけ、もがけ、もがけ。

なぜか分からないが、絶望的ですべてが終わったと思われるところから、ムクムクっと希望の芽が顔をだしてくる。

本当に辛い状況になるとその状態から目を背けたくて、無かったことにしたくなる。他のものに逃げたくなる。思考停止になる。絶対ダメだ。どんなにしんどくても手綱を離すな。

甘い話にのるな。100%詐欺だぞ。先人達の事例を徹底的に調べろ。選択肢をふやせ。今思いついていない第3の選択肢が最適解の場合がある。

人生の手綱を最後まで離さない人間は、不思議なことに 死亡確定のどん底までは落ちない。自分が想像もしていなかった形で途中で引っかかって、何とか首の皮一枚で希望が見える。

だから、どん詰まりのどうしようもない状況でも、人生の手綱は決して話してはいけない。考えろ、考えろ、考えろ、もがけ、もがけ、もがけ。そして、問題の状況を冷静に把握しろ。

(1)今すぐ解決できそうな問題
(2)今年中に解決できればいい問題
(3)自分だけでは解決できない問題

オッケー。状況が把握できたら、今すぐ考えても解決できない問題に悩んでも意味がない。開き直ってさっさと寝よう。

絶望的な状況を笑いに転化しろ。ユーモアを忘れるな。後からどうやってこの状況を人に面白おかしく伝えるか考えろ。大丈夫、笑って話せる日が必ずくる。

悲劇もちょっとフォーカスをひいて見ればすべて喜劇だ。想定外のハプニングがないドラマはつまらない。後から振り返れば、今は耐え難い絶望的な状況もちょっしたスパイスのようなものだ。

もう一度言う。

「救世主」はどこにもいない。ひとを、誰かを救えるひとなど、存在しない。わたしを助けられるのは、わたししかいない。

どん詰まりのどうしようもない状況でも、人生の手綱は決して話してはいけない。考えろ、考えろ、考えろ、もがけ、もがけ、もがけ。

大丈夫、最後はなるようになる。