MONODA TOKYO » Blog Archives

Author Archives: tanomoki

オウンドメディア

オウンドメディアはマーケティングの拠点になります!

Published by:

2015-02-24 15.51.27

2015-02-24 15.52.07

先日、一緒に仕事をさせてもらっている、サムライトさん主催のオウンドメディアのイベントに参加する機会がありました。

その登壇者としてサイボウズのオウンドメディア、サイボウズ式の編集長藤村さんと、デサントの担当者の加勇田さんがいらしてました。

オウンドメディアを運営していくにあたり、お二人は口を揃えて

「PVは特に意識していない」とはっきり明言されてました。

サイボウズ式の藤村さんは、サイボウズ式を通じて1人でも多くのサイボウズという企業のファンを増やすことが目的で、直接的な販促に結びつく必要はないとのこと。

一方、デサントの担当者の加勇田さんはオウンドメディアを「販売促進に繋げたい」とハッキリおっしゃっていて、この部分はサイボウズ式との違いが明確になりました。

そして、加勇田さんはデサントのオウンドメディアをこのように表現していました。

「事業価値の再定義の場」であり「新規ビジネスモデルを耕す場」。

つまり、オウンドメディアの記事内で、商品やサービスの可能性をいろいろ追求することで、販売促進に繋げたり、新規ビジネスモデルを検討することができると。

これは、眼から鱗が落ちる、素晴らしい指摘だと思いました!

オウンドメディアの記事を作成する場合、その商品やサービスに直接関係するワードだけではなく、その周辺にあるワードも含めて記事の企画を検討していきます。

そうすると、自然と色々な角度から自社のビジネスについて考えることになるので、それが「事業価値の再定義の場」や「新規ビジネスモデルを耕す場」になるのです。

これはオウンドメディアの価値として、もっと認識されるべきポイントです。

オウンドメディアで仕掛けて反応のよかった記事をブラッシュアップして、プレスリリースとして活用したり、営業マンのセールストークや、販売促進のネタとして使うという体制がつくれれば、うまくマーケティングが機能していきます。

オウンドメディアであらかじめユーザーの反応をチェックして、良いものだけを広報や宣伝のネタにするので、無駄な労力やコストをかけずに的確なマーケティングが実現できます。

実際に自分がコンサルとして携わったクライアントでも、オウンドメディアに注力するようになってから、事業にドライブがかかって成長速度のあがったクライアントがいました。

その時はここまで意識的に考えれてなかったのですが、結果的にこういったよいスパイラルにつながっていったのだと思います。

「オウンドメディアを拠点としたマーケティング戦略」

今年のテーマとして研究していきたいです!!

MONODA TOKYO
頼母木俊輔(たのもぎ しゅんすけ)


その他

フリーランスになって1年!今後は「編集」に特化してマーケティングしていきます!

Published by:

FullSizeRender

たのもぎです。イカに深い意味はありません。

2014年の2月1日にフリーランスになり1年が経過しました。あっという間にすぎた気もしますし、何とか1年乗りきれたなという思いもあります。

この1年で5社のベンチャー企業のマーケティングのサポートと「エスケイプ・フロム・トゥモロー」、「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」という2本の映画の宣伝を担当させていただきました。

プレスリリースを各媒体ごとにアレンジして、社長の売り込みを行なう広報的な仕事や、映画のキャラクターに扮したメールマガジンの執筆、企業のオウンドメディアの立ち上げ&運営、ファンイベントの立ち会いなど、いろいろなことをやらせていただきました。

思った以上に成果が出ることもあれば、イメージしていたような結果に繋がらないこともありました。

結果が出なかったのは、私の実力不足によるところが大きかったと思いますが、短期間で結果を出すことの難しさにも直面しました。

そんな中であらためて感じたのはマーケティングにおける「文章の重要性」です。

チームラボのようにぶっちぎりで素晴らしいコンテンツをつくることができれば、言葉は必要ありませんが、そんなケースはまれです。

ほとんどの場合、デジタルマーケティングにおいても、ユーザーとの接点に“言葉”を必要とします。

その言葉の届け方を変えると、劇的にユーザーの反応が変わります。
こんなことは50年前から言われていることですが…。

いざ自分が、すぐに成果を出さなければいけない立場にたたされた時、試行錯誤する中で一番効くなあと実感したのは、「文章を変える」という王道の方法でした。

そして、WEBマーケティングというのは、
WEBの環境に一番合った文章でコミュニケーションすることだとわかりました。

WEBの環境に一番合った文章とは、
「読まれないことを前提で書いた文章」です。

読まれないことを前提で、
読んでもらう工夫をすることがWEBマーケティングの肝です。

なので、WEBマーケティングの本質はけっこうアナログです。

このアナログの作業を一言で言うと、「編集」という言葉になるのかなと思います。

なので、今後は「編集」というテーマに軸足をおいて、マーケティングをサポートしていきたいと考えています。

いま、メインの活動としては、企業の自社メディアの編集担当として、記事の企画、原稿の執筆、編集、インタビューなどを行っています。4月の頭にローンチ予定のメディアを担当しているので、現在はその準備をしています。

これから企業のマーケティングの中心には編集者がいて、その人を中心としたコミュニケーションチームを組むような形が、徐々に増えていくのではないかと思います。そんな時に有効な方法を少しずつ体系化していけたらよいなと思います。

「マーケティング」と「編集」という延長線でビジネスをつくっていきたいと考えているので、一緒に取り組めそうな方がいれば是非お声がけください。

P.S. 先日、生まれてはじめてのインフルエンザにかかり、体重が3キロ落ちました!この勢いで痩せて、モテたいと思っています。

MONODA TOKYO
頼母木俊輔(たのもぎ しゅんすけ)


ニュース

ちょうどいいが難しい「デザインがかっこよすぎて80%が離脱」

Published by:

pecolly_like

サイバーエージェントさんのお料理コミュニティアプリ「ペコリ」が紹介されてました。ペコリは手作り料理に特化した「お料理コミュニティアプリ」で、アプリは約70万ダウンロードで、WEBもあわせると月間200-250万人の利用者が使用。

ユーザーとしては90%以上が女性で、20-40代の料理好きな主婦。料理の写真をアップして、イイネ(ペコリ)し合うサービス。

インスタでいいじゃんと思っちゃうのですが、確かに毎食アップするのはちょっと気まずいです。料理でこんなニッチなニーズがあったとは、全然気づきませんでした!面白いですね。

このアプリでリリース当初スタイリッシュにしすぎたら、ユーザーの再訪率がメチャクチャ悪かったらしく、もっとベタな感じに変更したら再来訪率を10%以上も改善させることができたようです。すごく重要なポイントですね。面白い記事だったのでぜひ読んでみてください。

「デザインがかっこよすぎて80%が離脱」サイバーエージェントのお料理日記アプリ「ペコリ」がハマった意外な落とし穴。http://appmarketinglabo.net/pecolly/